ABOUTJ-Startup TOHOKUとは

目的

経済産業省では、世界で戦い、勝てるスタートアップ企業を生み出し、革新的な技術やビジネスモデルで世界に新しい価値を提供することを目的に、2018年6月に「J-Startupプログラム」をスタートしました。

このプログラムの地方展開として、2020年7月、仙台市及び東北経済産業局が中心となり「J-Startup TOHOKU」を立ち上げました。今後、東北が一体となったスタートアップ・エコシステムを作り上げていきます。

概要

公募による推薦の上、仙台スタートアップ・エコシステム推進協議会が承認・選定をしました。
全国各地の大企業やベンチャーキャピタルなどからなる地域サポーターズと共に、海外展開も含め官民一丸となって集中的にサポートしています。

募集

J-Startup TOHOKUに選定された企業への直接的な支援や起業機運の醸成等、J-Startup TOHOKUの趣旨に合致する取組を行う企業・団体(地域サポーターズ)を募集しています。
詳細は、東北経済産業局HPをご覧ください。

東北経済産業局HP

選定企業紹介

株式会社RTi-cast

株式会社アイオーティドットラン

株式会社アイカムス・ラボ

AZUL Energy株式会社

株式会社Adansons

株式会社エピグノ

株式会社グッドツリー

株式会社Co-LABO MAKER

株式会社ジェイベース

株式会社スーパーナノデザイン

株式会社SkyDrive

スピンセンシングファクトリー株式会社

株式会社zero to one

株式会社ゼンシン

株式会社チェンジ・ザ・ワールド

株式会社TBA

株式会社東北マグネットインスティテュート

トライポッドワークス株式会社

日本積層造形株式会社

パワースピン株式会社

株式会社ビック・ママ

ファイトケミカルプロダクツ株式会社

株式会社フォルテ

福島SiC応用技研株式会社

Blue Practice株式会社

株式会社ヘラルボニー

株式会社ホワイトシード

株式会社manaby

ミーチュー株式会社

ライフラボラトリ株式会社

株式会社ワイヤードビーンズ

株式会社ワンテーブル